ロゴの著作権

ブランドロゴデザインについて
Home » ブランドのロゴ » ロゴの著作権

ロゴの著作権

ブランドのロゴ

ロゴ制作を依頼して完成したあと、そのロゴを実際に使用していくことになりますよね。
このときに知っておきたいのが著作権のことです。
著作権とはその創作物を作った作者がその創作物を独占的に利用できる権利のことです。
これがある創作物は第三者が勝手に使えません。
もし使った場合は著作権侵害となり、損害賠償の請求がされる可能性もあります。

これがあるのはその創作物を作った作者の利益を守るためですね。
これがないと苦労して作った創作物を他人が勝手に使用して利益を得られるため、創作のための意欲が削がれがちです。
そのような状況となれば社会全体で新しい創作物が生まれず、全員にとって損となる状況となりますから、このような著作権制度があるのです。

この著作権はロゴにも適用されます。
どんなケースでも必ず認められるわけではありませんが、一定の条件を満たせばそのロゴにも著作権が認められるのです。
依頼して作ってもらったそのロゴに著作権が認められる場合、その権利は誰にあるのかというと、実は実際に作成を行ったデザイナーにあります。

お金を払って作ってもらったロゴになる以上、その著作権は依頼人の方にあるのではと思えることも多いでしょう。
感覚的にはそのように思えるかもしれませんが、実はそうではないのです。
たとえお金を払って作ってもらったものだったとしても、著作権はその制作物を作った方にあるのです。
そのため自分が依頼して作ってもらったロゴでもその著作権はデザイナー側にあり、依頼人がその著作権を持てるとは限らないのです。

もしそのロゴの著作権がデザイナー側にあり、依頼人となる自分がそれを持てない場合、気兼ねなくそのロゴを使えるのか不安がある方もおられるでしょう。
気兼ねなくそれを使うには使用者たる自分がその著作権まで持っておきたいですよね。
そのようなときはロゴ制作を依頼するとき、制作物の著作権の買取を依頼するといいです。
そのままではデザイナー側に帰属する著作権ですが、制作後にそれを依頼人が買い取れるのです。
依頼時にそのことも含めて依頼しておくと、ロゴ完成後には著作権を買い取ることで依頼人がそのロゴの著作者となれます。
自分がそのロゴの著作権を持っていれば気兼ねなくそのロゴの使用ができるでしょう。

このようにロゴ制作を依頼するとき、何もしないと完成品の著作権はデザイナーの側にあり、依頼人の方にはありません。
自分が完成品の著作権を持ちたいときは、ロゴ制作の依頼をするときにその譲渡のため買取を依頼するといいです。